前へ
次へ

専門分野でない場合はどうするか

廃車になった場合には、専門分野がそれぞれありその専門分野を生かして経営をしていけばうまくいく可能性があります。ですが、患者さんの中には自分の専門分野と全く違うものを要求してくることがあるでしょう。例えば、インプラントに関して専門ではないのにインプラントの治療をしてほしいと言う場合です。この場合、そのまま治療するのではなく、自分の知り合いの歯医者のインプラントを専門的に行っている人に任せた方が良いでしょう。このようなことをすると、あの歯医者はインプラントもできないのかなどと思われる可能性もあるでしょう。ですが、患者はむしろそのように感じるよりも、しっかりとしたところに自分の治療を任せたいと考えているため、その歯医者のことを腕のない歯医者などとは考えないはずです。そのため、堂々と他の歯科医院に任せた方が良いでしょう。もしそのような患者を少しでも減らすためには、ホームページなどに専門分野を明確に書いておくことです。

Page Top