前へ
次へ

小児矯正と成人矯正の相違点

おしなべて矯正治療とはいえ、小児矯正においては成人矯正のケースと見比べてみて装置や矯正方法とが違います。一般的に、スペース不足が絡んで歯並びが悪い状態になってしまっているのですが、成人矯正はそういった時、歯を抜歯してスペースを取り、歯の表面に装置を付け歯並びをきれいにします。抜歯をしない状態で行えるケースがありますが、そういった時、口の張り出し感などがクリアできないことが想定されます。それに加えて、大人のケースでは、骨格がもうすでにできているので、矯正治療のみで顔の形までチェンジすることはできません。 小児矯正のケースでは、依然として顎の骨の成長が中途であることから、スペースが不足している時であっても、顎の骨を装置を利用することによって広げつつ歯をポジショニングしていくことができます。要するに、小児矯正にトライすることによって、貴重な永久歯を抜歯しない状態で矯正することができます。したがって、アドバンテージだと言えます。

Page Top