前へ
次へ

小児矯正を実施するメリット

小さいうちから矯正をおこなうことは、矯正装置が目にすることからかわいそうとお考えの方は少なくないでしょう。たしかに、矯正装置については見えることになりますが、それ以上に矯正にはプラスの点が多いということができます。まずあごの発達を活用することが出来ることがあります。 子供のあごは成長段階にあることから、あごの成長を有効活用して歯を動かすことができるというわけです。あごを拡大したり上下のあごのバランス状態を整えたり出来るようになります。あごがあまり大きくないと、あとあと歯がセンス良く並ばなくなるため、子のうちに修正しておきたいところでしょう。 歯を抜かずに治せることもメリットです。 あごの成長を活用できれば、歯を抜かずに治癒可能と考えられます。歯を抜いたら、よその歯に負担がかかることから、抜き取らないのに越したことなどありません。 歯を動かす距離が小さくこと足りるため、成人と照らし合わせると時間をかけずに矯正可能です。

Page Top